スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アボカドとニンニクと…??あ!あれだ!!!

2009年09月08日 21:28

category:copainと病院・治療日記

今回はテキストばかり並ぶ事をお許しくださいませ。

さてさて。
無事に3歳のお誕生日を向かえ、やっとこさ、今日、実家から
「コパンの居る家」へ帰れる~♪と思い、帰ったんですよ。一度は。
ところが、家帰って、ひとしきり一緒に遊んで、コパンは昼寝で、
私は溜まったHDD録画の消化と、仕事をしていたんですが、
突然、ふらふら~っと起きたコパンが、おえっおえっとえづいて、
ちょっぴりゲロりんちょ。(白色メインの胃液?ちゃん。固形物ナシ)

そこまではよく見かける光景なので、ヨシヨシと汚れたお口を拭いてあげていたのですが、
どうも今度は、尻が気持ちワルイらしくて、尻歩きしまくり。
おなかがゆるいのかな?でも、全然トイレに行く様子もなく。

とりあえず、お尻をぬぐってあげたら、あららら!茶色い汁がダダモレじゃないか!
これは、ただの下痢ちゃんじゃない!と、物凄くアセって、来た道とんぼ返りで、病院へ。

この時、様々な思いが頭の中をよぎりました。

実は、お誕生日の日に食べさせた、あのディナー。
P1010351.jpg
コメントやメールにも頂いたのですが
「アボカドとニンニクの毒性についてのご指摘」がありました。

もちろん、私にとってもありがたい情報でしたし、
こんなどこのウマの骨とも知らないコパンの健康を、本当に気遣っていただき
本当に、本当に、涙のでる思いでした。
いやな思いなぞするはずもなく、寧ろ、背筋正して拝見させていただきました。

そして、生意気な返信内容として
確かに、その二つの毒性については、インターネットでよく見かけるけど、
それと同時に、健康のためにと、書籍の手作りごはんのレシピにあるし
(私は自分だけのチョイスで、食材は選べないですよー。知識ゼロですもの)
自分と愛犬の体調で判断して、量と、使うタイミングに気をつけて与えている。

なーんて、返信したんですよ。

…途端に自信がなくなりました。
ご指摘くださった皆様、すみません!私、自分の意思で、愛犬を苦しめています!
と、心の中で、懺悔しまくりでした。

ところがですよ。
先生にその旨、伝えましたところ、
食べたのが9/3の夜ならば、食材が原因ということは考えにくいというのです。
大体、食事が原因の場合は、その前後3日くらいがリミットらしいので、
もう、アボカドやニンニクは、セーフだったのです。

ちょっと安心したけど、それじゃあ、原因はナニ?
どうやら、腸内にガスが吹き荒れているようで、それが原因で尻がゆるくなったのか、
もしくは、コパンの場合、吐く前後に、必ず何か併発するので、
今回は、尻がゆるくなる「発作」だったのではないだろうか。。とのこと。

…尻がゆるくなる発作って。。。
(それくらい、検査結果は健康だったのですよ。)

幸い、注射を打ってもらって、すっかり尻も吐き気もおさまって、
元気一杯なコパンを見て安心したら、
今度は
「じゃあ、何で腸内にガスが吹き荒れたのだろう?」
と、思い、このところの食生活を振り返ってみました。


………………………脳内検索中………………………


あ!日曜日、お父さんが、「白くま」あげてた!!!!!
原因は、バニラアイスだったらしい。。

実は困ったクセがありまして、普段ならば、なめさせる程度で
食べさせるような事は絶対にないのですが、
酔っ払うと、小さいながらも、固まりをあげちゃうのです。

しかってもしかっても、ほら、そこはもう、アラ還の男ですから。
聞く耳持たずってカンジで。。

これからは、酔っ払ってアイス食べる時には、寝室に篭ってもらうことにします。



話は遡って、「アボカド」と「ニンニク」ですが、
うっかり、ウチのダメなディナーを見て「食べられるんだ~」ってなったら
それは、情報発信者として、一番いけない事なので、
より、危険度の高い食材として登録されている「アボカド」について
現在WEBで公開されている情報と自分の考えを、続きの先にまとめさせて頂きます。
◎アボカド
果実、種、葉などには「ペルシン」という物質が含まれており、人以外の動物に与えてはならない。
インコ、オウム、モルモット、ウサギ、ハムスター、ヤギなどのペット、
家畜に与えると中毒症状を起こし、痙攣・呼吸困難などに陥ることがある。
ウマ、ウシ、イヌ、ネコ、フェレットに対しても毒性を示すことがある。
(Wikipediaより、一部抜粋)

「ペルシン」とは何ぞや?
なにやら、殺菌作用のある毒素で、ヒトはOKなんだけど、家畜が大量摂取すると危険。
鳥類、ウサギ、ウマなど、上記に記した家畜に関しては、可也重篤な症状を引き起こす事が
断定され、特に鳥類は、摂取後12時間~24時間で、最悪のケースを招いてしまうようです。
犬やネコに関しての詳しい情報は、詳細不明ですが、
嘔吐、下痢、呼吸困難、全身のうっ血、心臓病の症状を
引き起こす可能性があるという情報もありました。

そして、アボカドの毒性は、種類によって違うということが分かってきたようです。
大きく分けて、メキシコ系、グアテマラ系、西インド諸島系
と分けられるようで、中でも「グアテマラ産がキケンだ!」という意見が多く見られました。
ただし、根拠の程は詳細不明です。

日本市場に出回っている殆どが、メキシコ産だから大丈夫!」ッて言う意見もある中、
実はメキシコ産だけど、グアテマラ系
Hassという種子が、日本では90%のシェアを占めているそうです。

わたしの考え。
毎日積極的に取らないで、時々自分が食べる時にちょこっと分ける程度にしようかな。
キケンな毒性は無視できないけど、年中安定した価格で手に入って、
しかもギネスブックにも登録されるほど
栄養価の高い食材は、あれこれ食事制限のあるコパンにとって、とても重宝いたします。

でも、誰かに率先して薦めたいとは思わないな。
いくら本に載っていたレシピとは言え、今回、ホントにビビったんで(苦笑)
暫くはアボカド自粛の方向です。
ちなみに、誕生日の時のやつは、本のレシピどおりに作ったので、
アボカドを与えた分量は、ティースプーン1杯分くらいでした(他はカッテージチーズ)


WEBの利点は、常に最新の情報が得られること。
でも、デメリットもあって、それは、監修するのが情報をまとめる本人のみだということです。

書籍は、その点、必ず情報をまとめる人とは別の視点で監修が入ります。
情報の精度は、ぐっと上がってきます。
ただし、初版が昔すぎると、その情報も時として役に立たないことも。

なので私は、同じ本を買い換えることもあります(笑)

なるべく、冷静に客観的に情報収集してみたけども、考え方も十人十色。
この情報も、決して鵜呑みにせず、どうか自己責任において、取り扱っていただけたらと存じます。
スポンサーサイト


コメント

  1. ぽて | URL | SwboKCCk

    およよ・・・
    コパン君ビックリでしたね(・_・、

    私の持ってるリアルフードフォードッグってゆうアメリカの本には
    おもきし、ニンニク出てきますよ…

    あと、最近はないけど
    以前は、アボカドも与えてましたねぇ…
    好きみたいだったし。
    それに、アボ・ダームってカリカリもこの世に存在してるわけだし…

    ダメなんですかねぇ…
    色々考えてると、手作りなんかできなくなっちゃいますよね(-_-;)

    ま、私はあんまり深く考えない方なんで
    これからも作り続けます…(-_-メ)

  2. iroha | URL | YkdS.OHg

    ありゃりゃ~。私もお尻が大変だったけど(笑)コパン君も大変ですね~。
    それにしてもぽてさんも言ってるけどアボダームってあるくらいだからOKかと思ってたらそんなに危険な因子があるんですね~。
    いやはや、手作り派だと悩むことが多いですね
    それもこれも愛するコパン君のため。caeruさんくじけずがんばって~!

  3. てんまま | URL | -

    いや~。コパンさん、またまた大変でしたね。
    尻がゆるくなる発作ってナンダ?

    アボカド、ダメなんですねー。知らなかった・・・・
    この前買った、おやつで「チキンとアボカド」ってのが
    あったけど・・・・?
    よく分からないけど、生をあげるのはやめておこう。

    アレルギーがあるし、手作りゴハンで材料制限
    されるのは、たいへんですね~。
    がんばれ!!caeruさん!!

  4. ラファ父 | URL | o/PXu/q6

    アボカドにそんな秘密があったなんて‼
    家も、アボカドよく買います。
    で、ラファエルも、ひと口食べたりしてた!
    幸い、今まで何事もなかったから、
    気付かなかったけど、ここで初めて知ってよかったです。
    ほんとは、野生の状態の食事がいいのだろうけど、
    実際問題として、そうはいかないですもんね。
    家の怪獣、最近バナナがお気に入りだけど、
    まさかバナナまでダメだったりして•••
    (食感似てるし)

    気になるから調べてみます。

  5. snow | URL | -

    コパン君、お腹の原因がアボガドじゃなくて良かったですー!
    まさかっ!と思って慌ててしましました。。

    カエルパンさんは本を参考に、手作り御飯されていたのですね!

    ワン用とは見えぬほどのあまりにもおいしそうなご飯、イタメシのシェフのご経験があるとお伺いしていたので、ご自分で考えて作られているのかと思いましたー。

    しかも、アボガドについてはいろいろな考えがあるとのこと、
    こちらが勉強させていただきました。。

    勉強不足でおはずかしいですっ!

  6. HITOMI(LIME&BEE) | URL | VEwPcYz.

    ほっ。

    食材が原因じゃなくてよかったです。
    でも、アボガドがいけないって初めて知りました。
    栄養あるし、よさそうに思えちゃいます。

    ニンニクは、虫よけ対策のため、一週間に一回ライビーも食べてます。
    ただし、生のままをみじん切りで。
    イタグレのショードッグを育てているお友達から教わりました。
    ライビー2ワンで一カケを半分ずつあげています。
    フロントラインの強さを考えちょっと怖くなり、今年はニンニクで過ごしています。
    ノミ・ダニなどの虫よけ対策です。
    フィラリアのお薬は月に一回飲んでいます。
    色んな考え・意見・個体差があるから一概に決めることは難しいですね。
    お腹の具合早く良くなりますように☆

  7. 理恵 | URL | -

    あれまぁ

    アボカドだめなんだ。。
    ドッグフードにアボカドの絵の入ったのがあったから(笑)犬にもいいものなんだと、私達が食べてるときにはパウリにもあげてましたわ。
    ニンニクは私はあげてないんだけど、ターシャ テューダーさんて絵とお庭で有名なおばあさん。
    あの方はコーギーに「うちの子達はニンニクを与えてるから気のツヤがよくってダニがわかないのよ」って言ってました。。。
    う~~~ん、ワンコ飯難しいわ。
    パンさんとこみたいに人気ブログに書くと色々な人への影響も確かに怖いですよね。
    うちのもっそりブログでは書かずに、でも色々なものをやっている///
    これを機会に食べ物の事まじめに考えてみます。
    ↓下の記事のパンさん、お母様、どっちもとってもお可愛らしいです^^

  8. ハリ姉 | URL | -

    う~~~~~ん、難しいでしゅねv-12
    9月3日のディナー拝見したときは、我が犬のBirthdayを恥ずかしく思いましたとも……。こんなに犬ごはんをお勉強して、愛情かけていらっしゃるのに。v-45

    私メなんか、ブロッコリーの軸やりんごの芯の回りをミジンにしたものをフードに混ぜるぐらいしかできませぬ!!!
    おからに挑戦し、クッキーを焼いたことも過去にはありましたが、買ったほうが良いかと悟り、以来購入一筋v-363(お恥ずかしい…)

    試行錯誤、益々手作りを極められることと思います。(拍手)

    追伸:パパさんに、カツッe-262

  9. ぺっこち | URL | oo3CoWkw

    勉強になりました(無知)

    コパン君、先日の体調不良と合わせて
    踏んだり蹴ったりでしたね。:゜(;´∩`;)゜:。

    アボガド・・・・・栄養が高いと持って
    何も知らず、結構ガッツリ上げてましたよ(滝汗)

    メイクルもたまに嘔吐や下痢をすることがありますが、
    アボガドの時だったのか、いちいちチェックしてませんでした
    (ダメダメ飼い主だな~。。。)

    caerupan姉やんの、配慮ある言葉を選んだ
    解説&「わたしの考え」に深く感銘を受けました。

    コパン君、どうぞお大事に!



  10. べるママ | URL | xRS1q4qQ

    危険食材?

    ためになったですよ。ありがとうございます。
    情報量がありすぎるのも、現代社会の悩みの種だと思いますけど
    インターネットって、ホント便利さんですよね。
    特にワンのことにかけては私もちょいちょいお世話になってます。
    アボカドがそんな事になっているとはねー!
    だって市販のワンフードやおやつにも堂々と入ってるじゃないですか。
    てっきり体に良いもの、だと思ってました。
    ヒトと同じでワンも個体差があるので何事も一概には言えないですけど
    情報収集は必要ですね。

  11. yumi | URL | E84rTW9U

    ペットの栄養学はまだまだこれからだから、手作り食はどうしても試行錯誤しますよね。
    身体が小さい分、許容量も気をつけないといけないし。
    でも私もcaerupanさんと同じ考えで、効用がある食材については、
    自己責任で様子を見ながら少量あげる分にはOKかなと思います。
    アボカドは年に数回、少しあげる程度ですが、ニンニクは春から秋にかけて、
    夕食時に薄切りスライスを1枚だけ他の野菜と一緒にすりおろしてます。
    何を食べたかのメモも毎食とっているけれど、幸い食べ物が原因で体調を崩したことはないです。
    でもこれも個体差があるから難しいですね。
    ちゃんと調べて、きちんと掲載しているcaerupanさん、すごいです。

  12. caerupan | URL | -

    >>ぽてさん

    毎度お騒がせですみませんー。

    なにぶん、コパンが始めての子なので、
    一回も見たことない症状が出ると、テンパってしまうダメな飼い主です。反省。

    記事中は、私情を捨てて情報だけ垂れ流しましたが、
    かなり自分よりな考えを導入するとすれば、

    「うちの子はこれまでも大丈夫だったから、別に与え続けてもいいかな」
    って思っています。
    ただ、ご心配頂いた方々のご指摘の時期と、
    体調不良が重なったので、一瞬、ヒヤリとしただけなのです^-^;

    そして、私の持っている本にも、おもいっきし、アボカドと、ニンニク、出てますよ(笑)

    アボカドは、まあ、人間がそう頻繁に食べるものでもないので、
    コパンの食卓に並ぶのもまれなんですが
    ニンニクは、多分これからも、積極的に与えていくと思います。
    虫除け、抗菌、とてもナイスな食材だと、確信していますので☆

    アボカドってきたら、やっぱり、アボダームってなりますよね。
    日本でも10位内に入る、人気フードですよね。
    なので、当然、アボカドの毒性を提示した団体さんへ、質問が殺到したようです。

    答えは
    「アボカドの種類によって毒性が違うし、メーカーがどのアボカドをどのくらい使っているのか分からないからこたえられない」
    とのこと。
    「なーんだ、キケンリスト上位に入れているけど、詳細分かってないんじゃん!」
    ですよ。

    ダメじゃないと思います。
    ウチにとっても、貴重なオールマイティな栄養源なので
    スグには外せない食材のひとつです。

    これまでの、ワンコのプロたちが、率先して与えてきた食材。
    ただ、人間のアレルギーなんかと一緒で、個体差があるだけのことだと思います。

    そして、私も、どちらかというと
    四角の内側に丸を書くタイプの人間。
    あまり、気負わず、マイペースで作り続けようと思います。

    表現の仕方がへたくそで、お気を悪くされていたら本当にスミマセン。

  13. caerupan | URL | -

    >>irohaさん

    ぎょっとするような、ある意味、論争あってもおかしくないような内容で
    スミマセンでしたー!

    そうそう、アボダームとアボカドは、切り離せないですよね~。
    私たちですら、そう思うのだから、やはり、アボカドがキケンですよーって
    警鐘を鳴らした研究団体?さんにも、質問が殺到したようですよ。

    その返事は、「メーカーが使っている量が分からないから何とも言えないなー」ですって。
    私見ですけど、これまで、リコール対象になってない(ハズ)だから、
    実は、犬・ネコに対する毒性も、必ずしもぬぐいきれないけど
    過剰摂取を避ければ、毛ヅヤも排便も、とてもよくなる、スグレモノ食品かと思われます。

    ただ、やっぱり、どんな食材も個体差があると思うから、
    こういうのって、あんまり記事にしちゃイカンのですよね(笑)
    手作りは、家庭で愛情と一緒に与えるのが、一番だと、そう信じています☆

    うん、私、めげない!
    愛犬に「今日のごはんは、おいしくないですよ…」ってしぶしぶ食べられても
    めげない!(<事実!泣笑

  14. caerupan | URL | -

    >>てんままさん

    先生に
    「尻がゆるくなる発作なのかも」
    って言われた時に、すごい笑いたかったけど、
    あんまりにも、マジメな顔しておっしゃっていたから、必死こいてこらえましたよ。

    未だに「尻がゆるくなる発作」って言葉に、ビンカンな私です。
    (先生にしてみれば、神経系の問題だから、笑えないといえば笑えないんだろうけど、
    そんなに深刻じゃないよ…!笑)

    ややっ!
    アボカドは、確かにその毒性については、詳しく書かれていたのですが、
    犬や猫に対して、果肉がどの程度、悪いのかという、報告数が少なく
    良し悪しの判断材料としては、かなり厳しい状態です。

    記事中は、情報として、「どうしてキケンなのか」を
    フラットに垂れ流しましたが、ここに私情を挟むとすれば

    結局のところ、どんな食材も「アレルギー」という形であったり、
    どんないい食材でも、過剰摂取で、高カリウムとか、高タンパクにもなるし
    こういうのは、いい部分、悪い部分、両方知っていることが得策ってだけで
    闇雲に
    「食べるな~~!ダメだ~~!」って言うものじゃないと、思っています。

    「昔のワンコは、何でも食べたんだがの」は、ウチのじいちゃんの名言(笑)
    もちろん、体重差もありますが、近所のワンコは
    タマネギも、ハムも、チョコレートも食べたけど、天寿を全うしました。

    さすがに、タマネギとか与える気はないけど、
    アボカドも、「何でも食べたんだがの」の、ひとつなんだと思います。

    手作り食をやめた瞬間、ウチは、ジャガイモベースのカリカリオンリーになっちゃうので
    それはそれで、今度は、ジャガイモがダメになる可能性を秘めているので
    なるべく、満遍なく摂取させる努力をしています☆

    鶏肉やラム肉も、アレルゲンではあるけれど、
    大量摂取しなければ、無症状なので、これも、たま~~~に与えているんですよ。

    料理は相変わらずヘタッピだけど、どんどん耳年よりになっていきます。
    一番嫌われるタイプの人間です(笑)

  15. caerupan | URL | -

    >>ラファ父さん

    ね~~~!

    ウチも、本を見ながら食材選んで、手作りするんだけど、
    初めて使う食材は、一応、ネットで調べるんだー。

    で、本に載ってるから、まさか、そんな「アボカド 毒性」で検索して
    21,800件もHITするとは思ってもおらず(汗

    でも、結局のところ、不明瞭な部分が満載なので与える事にしちゃいました☆
    海外では、危険度が高い食材として、リストINしていますが、
    日本では、アボカドを与える例が少ないからなのか?
    「アボカドを食べてどうにかなった」という、ハッキリした情報がないのです。

    私は、あまり慎重派ではないので、
    与えてみて大丈夫だったら、大丈夫っていう判断でいます。
    チョコレートなんかみたいに、致死量や症状が明確なモノは
    絶対に与えないけど、
    アボカドは、チョコの情報に比べて、まだまだ、研究途上というカンジなんですよね。

    それに、アボカドなんて、そんな主食になるほど
    頻繁に継続して食べるものでもないから、
    ラファエルくんも、大丈夫だったのなら、きっと大丈夫♪
    森のバター、きっとおいしかったと思いますよ☆

    バナナも、ザックリ調べてみたけど
    アレルギーが無ければ大丈夫っぽいことが多く見受けられました。
    ただ、ウチみたいに太ってる子は、
    「これ以上太りたくなかったら、果物はやめたまえ」
    と、なっていました(笑)

  16. ベル母 | URL | -

    しろくま…ドキッ

    caerupanさん
    色々とお勉強になりました。ありがとうございます。

    先日、私、ベルのお腹を「サーキット状態」にしちゃいました。
    8月の終わりの暑い日、私が氷をバリバリ食べていたら
    ベルに「かあちゃんだけ、つめたいたべて~」と見詰められ
    思わず、氷水をたくさん飲ませてしまったのです。
    翌日から、ピーピーザーザーうんちょすです。
    病院に飛んで行ったら「冷えませんでしたか?」と
    Drに聞かれ、思いついたのが、氷水!
    私の行動が、ベルを苦しめていました。
    本当にかわいそうな事をしてしまいました。
    良かれと思ってしたことだから、とDrは
    言ってくれましたが、かあちゃん失格です。

    私が思うより、ずっと弱いベルの体。
    もっともっと気遣ってあげないとならないな、と
    改めて感じました。

    私もしろくまが大好き。アイスが大好き。
    美味しい物は一緒に食べたい気持ち
    よくよ~くわかります。
    今後は私も気をつけます。


  17. caerupan | URL | -

    >>snowさん

    ご心配をお掛けしてスミマセンでしたー!
    もうもうっ!私もビックリして、かなり青ざめました。
    病院について、先生にソレが原因ではないから、って言われても
    暫くドキドキがとまりませんでした。

    結局「白くま」が原因っぽいなーってのがわかってから
    やっと、ほっとしたのでしたー。

    ややや、私のイタメシなんて、アルバイトの延長みたいなもんですよー。
    (大衆イタメシ料理のフランチャイズだもん)
    人間の食事は、イタメシ以外、何もつくれず、
    ワンコに至っては、初心者なので、
    とりあえず、素材のチョイスだけは、本を頼りにやっております。^-^;

    実は、アボカドだけでなく、WEBの世界には
    「ワンコNGな食材」がひしめき合っております。
    それを全部「キケンだから」と排除してしまうと、
    手作り食の世界で生きている人たちは、何も作れなくなってしまいそうな勢いです。笑

    結局は、相性なのかな?
    まだまだ未知の部分が多い、ワンコの栄養学。
    幸い、今回はなんでもなかったけど、
    体調次第ではNGになることも否めないので、
    キケンリストに入っていたな、っていう事を知っているだけで
    調整できるので、こういう情報は、ありがたいです。

    勉強不足なのは、私も一緒ですよー!
    ほんと、愛犬とお話できる能力が、少しでもあればいいのにって
    いつも思っています(笑)

  18. caerupan | URL | -

    >>HITOMIさん

    連日、ヒヤヒヤな記事ばかりで、申し訳ないです。
    幸い、アボカドやニンニクに原因はなく、ただの、家族の不摂生によるものでした。反省。


    アボカドも、ニンニクも、私が参考にしている犬ごはんの本にも載っています♪(2冊)
    しかも、ニンニクに至っては、結構頻繁にウチも使っていますよ~!

    ライビーちゃんは、生食なんですねー。
    生はまた試したことがないので、目からうろこですっ!

    うちも、フロントラインのような、外用薬での虫除けをしていないので
    オカルトかもしれないけど、ニンニクは定期的に摂取しています。
    なんだか、ニンニクの後は、調子良さそうだし(笑)

    アボカドも、排泄困難時に与えると、見違えるようによくなります。
    ただでさえ、色々あって薬(化学療法)が多いので、
    こういうプチトラブルは、なるべく、食事で改善したいというのが本当のところですよね。

    確かに、キケンな食材にランクインしているアボカドですが、
    「キケンなこともあるらしい」って事を知っている事が重要で
    実行するか否かは、本人次第で問題ないのかなーってのが私見です☆

    肝を冷やした、尻からダダモレ事件でしたが、すっかり快方に向かっております♪
    ありがとうございました~!

  19. caerupan | URL | -

    >>理恵さん

    ダメっていわれているけど、その実、ウチはあげてもなんともなかったですよね。
    これまでも、大丈夫だったけど、今回たまたま重なったので
    ヒヤっとしたのでしたー。

    アボカドの毒性のことは、WEBで見ていたのだけど
    決してチャレンジ精神で、アボカドやったわけでなく、
    犬ごはんの本に、アボカドが載っていたので、割と安心してあげていました。

    ニンニクも、NGと言われながら、
    沢山のワンコオーナーさんに愛されている食材のひとつですよね♪
    我が家でも、量は僅かですが、虫除けや抗菌目的で与えています。

    あまり難しく考えると、すぐに手作り食はダメになるので
    「アボカド」は危ないぞ!っていう知識も取り入れつつ、
    毎日食べるものでもないので、調子と相談しながら
    これからもきっと、与えていくとおもいます。
    (今は、ちょっとビビったから、暫く休む予定だけど・笑)

    マジメに考えると、手も足も出なくなると思うので
    きっと、アバウトでいいんだと思います☆

    手作り食を外すと、今、1種類のカリカリしか食べることが出来ないので
    それに偏ることによって、カリカリの主原料、じゃがいももNGになるのではないかと
    それが一番コワイので、今は、手作りはなくてはならない存在です^-^

    母、子供みたいですよ。
    顔だけ、成人(笑)

  20. caerupan | URL | -

    >>ハリ姉さん

    ほんっと難しいです!色々考えると、何も出来なくなっちゃう!笑
    なので、あんまり考えないようにしています☆

    ただ、今回、うっかり記事にしたことで、一部の方々にとても心配をかけてしまったのと
    毒があるかもってのは、既に流通している(?)情報なので、
    念のため、情報としてまとめてみました。

    記事は、個人の考えはなるべく含まないように、ただ、情報を流しただけなのですが、
    私の考えをはさむとすれば、知っている事は良いことで、
    その後、実践するか否かは、個人で管理するべきなのかな~って思います。
    現に、自分の持っている本には、アボカドもニンニクも、
    優れた食材として紹介されているわけですからね~^-^

    ややっ!いいじゃないですか、みじん切りがフードに混ざってる。
    立派な手作りトッピングですよー。
    ウチだって、メンドクサイときは、いつもそんなデスヨ(笑)

    私も、チョット前までは、オヤツも作っていたのですが、
    買ったほうがある意味安上がりになるという、ミラクルを起こす私。
    以来、オヤツは買うか、頂くか(おい)でやりくりしております。

    試行錯誤は続きますが、気持ちが切れないよう
    これからも、アバウト精神でがんばります(笑)

    父は…ねぇ(笑)

  21. iroha | URL | YkdS.OHg

    イタメシ=イタグレ飯だと思ってみてた…。
    イタリアンなのね(笑)

  22. caerupan | URL | -

    >>ぺこっちさん

    ふんだりけったり、もまれたりですよ~。飼い主も、ヒヤヒヤでした。

    アボカドは、ギネス級の高栄養食品ですよね♪
    実際、犬のごはんの本にも、普通に載っている食品なんですよ^-^

    ただ、その一方で、毒性があるといわれているのも事実。
    なのに、国内で、実体験された方の話が聞けなかったので
    無視できない話題ではあるけど、今後も、与えると思います。

    ウチは、排便困難になった時に、アボカドを与えるとイイって話を聞いたり
    本で読んだりしてからは、与えていました。
    実際に、キモチのよいくらい、イイモノを出してくれるようになるので
    神のように崇めていた食品でもあるんです(笑)

    一番キモなのは、結局のところ、毒に怯えて頭ごなしにNGにするのではなく、
    どんな話もひとまずは、受け入れて、ソコから先は、
    愛犬と相談でいいのかなーって、多分、私だけでなく
    これまで、アボカドを与えている方々も、そう思われていることかと存じます。

    なーんちゃって、私もつい最近知った話なのに、えらそうですねー。
    失礼いたしました。

    アバウト精神で、時にビクビクもしたりするけど、
    手作り食をやめると、コパンの食生活が、あまりにもヒサンになるので(笑)
    これからも、試行錯誤しながら、時に、お叱りを受けながらも
    続けていこうかと思います☆

  23. caerupan | URL | -

    >>べるママさん

    ややや、とんでもないです。
    複数のサイトから、色々自分なりにしらべてみたのですが、
    おっしゃられるように、情報量がとても多かったですー!

    参考URLを出すことで、偏見が生じるのがイヤなので、
    あえて、今回は、自分なりにまとめて、情報だけを垂れ流してみた次第であります。

    情報が渦巻いているのは、インターネットの良し悪しだなーって思います。
    「危ないんだよ!」って教えてくれた方々を否定しているわけでなく、
    警鐘を鳴らしてもらうことで、改めて向き合う事が出来るので、
    こういうところは、ネット、とってもあり難いです。

    アボカド、ナニが嬉しいって、価格が安定していて、通年手に入るところが
    貧乏暮らしな我が家にとって、神のような存在なんですよ(笑)
    なので、多分、これからも、コパンが健康であるかぎりは、与える事と思います。
    (ちょっとビビったので、暫くは自粛しますが・笑)

    そうそう、うちの田舎では
    アボカドを食べると、口がタラコのように腫れるから食べちゃいけない!って
    ずっと言われていたんですよ(^m^*
    それも、先日インターネットで調べていたら、
    どうやら、ラテックスアレルギーがある人などは、アボカドも合わないことがあるって記されていて
    長年、気になっていた謎が、一緒に解決しました☆

    沢山ある情報を篩い分けするって、とても大変だけど、
    確定情報で無い限りは、「うちの子相談」でいいのかな~って思います。

    全部排除したら、おいちいおいちいが、何もなくなっちゃいそうですものね^-^

  24. caerupan | URL | -

    >>yumiさん

    ペット栄養学にも博識なyumiさんに、お言葉頂き、とても励みになりますー!

    昨今の情報社会に翻弄されまくり、手作り食に自信が持てなくなる時もありますが
    我が家は、アレルギー検査がキッカケで、食生活を見直すことになり
    手作り食(というには、難儀な食べ物だけど・笑)のお陰で、
    これまでの食ムラがなくなりました♪

    なので、これからも、切っても切れない存在なので、
    yumiさんからのコメントを励みに、ゆるゆる続けていきたいなって思います。

    クルトくんも、ニンニク食べているんですね^-^
    ウチも、お友達に聞いたり、書籍に載っているのを見たりして
    「おお、使ってみよう!」と、始めてみました。
    丸のニンニクがウチにやってきたときは、積極的にあたえています(同じく、スライス1枚分)

    今、私に足りないのは、「毎日の食生活のメモ」だなーって、反省。
    覚えているようで、覚えていないことが多いので、トータル栄養バランスが不安です^-^;

    アボカドも、ニンニクも、量さえ間違えなければ、
    見過ごすのは勿体無いくらいの、食材ですよね。

    情報を調べることなんて、全然凄くないですよー。
    これからは、その情報とともに、私自身が、もっと積極的に学ばなくてはならないなって
    そう、痛感いたしました。
    ペット栄養学、奥が深いです。

  25. caerupan | URL | -

    >>ベル母さん

    ややややや、とんでもないです!
    もともとは、私の失態で、沢山の方をハラハラさせてしまったのが原因ですから。

    そうそう!意外と、ワンコちゃんのおなかったら、
    デリケートだったりしますよね。
    暑すぎても、冷たすぎても、びっくりしちゃう。
    骨まで溶かす胃酸パワーを持っているのに。笑

    でもでも、暑いから、冷たいものをってキモチは、やっぱりありますよね。
    それもこれも、愛犬がかわいいからこそですよー。
    かあちゃんは、失格じゃないです。
    寧ろ、かあちゃんだからこそ、愛情深いからこそ、ですよ~。
    ウチも、しょっちゅう、思いすぎては、大失敗をしています^-^;

    それにしても、いいDr.ですね~♪
    飼い主のキモチになってくれる先生は、本当に安心して
    託すことができます。
    ウチも、昔は、そういう先生だったのですが、今は、
    病気に関しても、とてもコワいこと(最悪の事態を想定したこと)をマズいうので
    肝っ玉の小さい私は、恐怖のあまり、おナカがゴロゴロ言い出しますよ。。

    しろくまって言っていたら、また食べたくなってきてしまいました。笑
    コパンには、ナイショで、こっそり食べるのは罪悪感で一杯になってしまいそう。
    コレを機に、ダイエットするかな(なんちゃってー)

  26. caerupan | URL | -

    >>irohaさん

    たしかに!イタグレオーナーには紛らわしい言葉だわっ!笑
    雑誌に「イタ飯」とか載ってたら、思わずカンチガイして買っちゃいそうだもん。

    …どんだけ、イタグレにどっぷりかって話ですよね、お互いに(笑)

  27. ぽて | URL | SwboKCCk

    モチロンモチロン全然気なんか悪くしてないですよ~。

    caerupanさんはいつもきちんとした文章とコメントで
    対応されてて素晴らしいなぁって毎回思ってます。
    私なんか毎度、超適当でお恥ずかしい…

    そうそう、私の持ってる犬ご飯の本は、
    ニンニク1~2片入れろと書いてあります。
    うちのワンコはアメリカ出身なので
    日本のイタグレよりニンニク多めでも
    ま、いっか(^J^)とか思ってたりして♪

    ちなみに、私も今のがファーストワンコですよ。
    それまでは、ハムスターとかインコとかしか飼育経験ありませんでした(-_-;)

  28. caerupan | URL | mQop/nM.

    >>ぽてさん

    うわ~~~ん!旅帰りでお疲れでしょうに、ご丁寧で
    心温まるメッセージをありがとうございます~~!

    ワタシが持っている本にも、ニンニク「1片」ってかいてあったのですが、
    お恥ずかしい事に、つい最近まで
    1片=スライス1枚だと思い込んでいたワタシ。
    ワンコの料理の本の前に、料理のイロハを学ばなくてはです^-^;

    ぽてさんの初ワンコがぽーちゃんだと教えてもらってから一層、
    ワタシも、ぽてさんみたいに愛犬と良い関係が築けるようになりたいな♪って思いました。

    まずは…愛犬の器から変えてみよーっと(^m^*
    ワタシとしても、手作り食が楽しくなるように頑張ります☆

  29. ぽて | URL | SwboKCCk

    こっそりお教えします…

    うちが通常、写真撮影に使ってるお皿は人間用です。
    写真用に盛り付けて撮影したら、ザザっとまな板の上に移動させ
    包丁で一気に粗微塵にします(-_-)
    そして、それらを普通の全然オサレではない犬食器に流し込みます。
    そのあと、写真撮影に向かない、摺り胡麻や貧乏臭い野菜や
    焼き色がイマイチだったお肉や、サプリを混ぜ込みます。
    すると、どっから見ても完璧に残り物チックな犬ご飯になるわけです。

    ワンコはお皿なんか興味ないし、犬用の方が安定して食べやすいに決まってるので
    今までのをそのままお使い下さい。

    以上、恐ろしく夢のない話でした(-_-;)
    ああ、こんな話、聞きたくないですよね…
    スミマセン<(_ _)>

  30. caerupan | URL | mQop/nM.

    >>ぽてさん

    わー!トップシークレットを聞いてしまった~~!

    そうだったんですか~!
    でも、夢のないお話どころか、ちょっと安心しちゃいました。
    写真栄えしない、汚いの作ってるのウチだけだと思っていたので。笑
    ↑ヘタすると、ミルサーで粉砕している…。

    ちゃんと、人間用の器に盛っても「それ、ぼくのだよね?」って理解しているぽーちゃんが、愛しいです。
    益々、愛ですよ~~!

    危なっかしいワタシに、ヒミツを教えてくださってありがとうございました…!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://copain0903.blog82.fc2.com/tb.php/768-3b5c519c
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。