スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コパン、日帰り入院治療を体験する。

2013年07月26日 13:18

category:copainと病院・治療日記

今、この家に、コパンは居ません。
P7268902.jpg
コパンは、今、病院に入院中。点滴治療を1日がかりで受けています。

昨日、夜、いつものように(?)ケロケロ吐いたコパン。
その日のヒトの晩ご飯は、焼肉だったので、いつものように、おすそ分けで
あかちゃんの手のひらほどの、お肉を食べたので、
それが原因かなぁ~?なんて、思っていました。

夜中吐くと、朝食の催促が、いつもよりハード(吠える)ですが、
それもいつものこと。
出した朝ごはんも、ペロリとたいらげ、いつもどおり、二度寝を昼まですると思っていました。
P7268901.jpg
ところが。
数時間後、朝ごはんもケロケロ戻しちゃったじゃないですか。
胃腸が荒れてるから仕方ないかな~?と、ココもわりといつもどおりだったので
更に様子見していたら、今度は、胃液よりも真っ黄色な泡を吐き、その後も
元気なく、ぐてーっとしていたので、病院に行く事にしました。


病院に行ったのは、夕方3時頃。
いつものように、吐き気どめと、胃腸をコーティングするお薬を
注射してもらって、内服を処方していただき、安心しておりました。
P7268900.jpg
でもね。
注射して、晩ご飯(ウチは4時~5時と、超早い)のあとのお薬も飲んだのに、
どこか痛いのか、ウロウロウロウロウロウロ。
いつもなら、ヒトの晩ご飯まで、ぐうたら寝てるくせに、3時間。
一睡もせず、徘徊しまくっていました。

吐いたり、下痢したり、という症状が無いので、迷ったのですが
とりあえず、なんでもないですよー、って言ってもらって、
夜間安心して乗り切りたい思いがあったので、再び、病院へ。

そこで精密検査していただくことになりました。

血液検査、エコーの所見から、どうやら、胆管と肝臓が酷く炎症を起こしている事と、
十二指腸が、激しく痙攣し、痛い様子だ、というお話をされました。

その場で「入院が望ましい」と言われたのですが、わたくし、頭がマッシロになってしまって。
だって、それまで「なんでもないですよー」と、苦笑いする先生を脳内に描いていたんですもの。

ようやく、我に返って、色々とお伺いしたところ、
・今、命が危ないという状態ではない
・緊急オペが必要になる可能性が低い
・容態が急変する可能性も、低い
・夜間、先生たちはいなくなる

という事でしたので、コパンは、入院ではなく、
毎日朝一に病院に行って、夜まで点滴治療を受ける事にいたしました。

幸い、昨日よりも、入院直前の血液検査結果の方が、良好で、
悪化した項目は一つもないので、今日の点滴治療が、
更に、回復を加速してくれることを期待しています。


しかし。。何をしても、どこにいても、コパンが居るような気がしてならない。
落ち着かない仕事部屋であります。


にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
お手数でなければ、応援のほど宜しくお願いいたします。
更新も細々としたBlogになってしまいましたが、今は
コパンが元気になったよー、という記事を、早く書きたいです。




スポンサーサイト


コメント

  1. Re:コパン、日帰り入院治療を体験する。

    コパンくんが早く元気にお家で過ごせますように・・・

  2. caerupan&copain | URL | mQop/nM.

    >>フィンリーママさん

    ありがとうございます。ありがとうございます…!
    フィンリーママさんをはじめ、多くの方々に祈ってもらったおかげで、
    コパン、先生の予想を、大幅に超えて回復!
    当初、4~5日の通院(入院)は避けられないかも、という見込みでしたのに
    「もう来なくていいよ」って言われました(笑)

    嬉しい、大誤算に、家族全員、大喜びしております^ー^

    暑さ厳しい折、フィンリーくん、ペピノくんはもちろん、
    ご家族の皆様も、健やかに過ごされますよう、私も祈っております☆

    ありがとうございました…!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://copain0903.blog82.fc2.com/tb.php/1407-b71aee33
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。