スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更だけどあの日のこと

2011年03月27日 23:54

category:飼い主のつぶやき

P3115456.jpg
いいお天気でした。家に行って、あの時のままになっている部屋を片付けに行きました。
ついでに、デジタル一眼とつけっぱなしのSIGMAの単焦点をサルベージ♪

P3275457.jpg
割れ物もなく、たいしたことないので、どーっちゃ事ない作業でしたが
クローゼットや観音開きの棚を開けるたびに、上から物が降ってきてドッキリ。
引越しの時、上に重たいものや、凶器になるものは置くまいとしていたのが幸いしました。
降ってきたのは、ぬいぐるみとか、ちり紙ばかりでした。
ウカツな私の、唯一のファインプレー。

しかし…一人で黙々と片していると、映像には映せない、被災地の惨状を想像しては
勝手に凹みまくってしまいます。
何も出来ないのに、勝手に凹んだり場違いな思いやりを考えてしまったり…。
いけませんね。


そういえばあの日。風は強かったけど、とてもいい天気で
仕事の合間に、散歩に出かけたんだっけ。
花粉がキツくて、散歩しないようにしよーって思っていたんだけど、
あまりにもいいお天気だったから、お外出ないのはもったいないなーって。

んで、散歩の途中、犬友さんに遊んで頂いている時に、
普段だったら、絶対アリエナイ事に、父と母が
「多分、公園を散歩していると思ったから様子見に来たよ」と。
せっかく遊びに来ていただいたので、そのままちょっとみんなでお散歩してから、家へ。

お茶とか入れて、両親が持参してきたオヤツを食べて、
コパンもいい感じに疲れていたから、リビングで父と母とコパンがグダグダしていて、
私は、ゆっくりと仕事をしていました。

2時も過ぎると、普段ならば、母は洗濯物を気にして自分の家(私の実家)に帰りたがるのに
この日は、花粉がキツかったので、一枚も洗濯物を出していなかったため
2時30分になっても、韓国ドラマとか見てまったりしていてくれました。

そして、46分。
地震に超敏感な私が、まっさきに気がついて、揺れてない?って言ってから数秒後。
あの、恐ろしい5分間が始まりました。

物が落ちてきているけど、その音すら気にすることも出来ず、
泣くこともわめくことも出来ず、ただ、恐怖していたというのに…
ウチの父ったら、私の足元で、平気な顔して寝ておる。。。コパンの貝ベッドを枕に寝ておる(爆

ハンパなくコワかったけど…そんな父見てたら、パニックもどこかへ行ってしまった。。
もちろん、流石にいつもとは様子が違う地震だったから、たたき起こしたけどね!
ほんと、この父。コワイものが無いんじゃないかと、時々思います。

地震にも、父にも驚かされたけど、あの最悪の時に、一人じゃなかったことを感謝しています。
普段の行いが、それほど良い訳じゃないのに。。もしかしたら、コパンの強運が引き寄せたのかな。
コパンの強運は、スペシャルだからね~。

しかし…ゆれが収まり、自分の住む土地が海よりはるか遠くの高台であることと
家が無事であることに、急に仕事のことが心配になる。
きっと、これくらいじゃ仕事は休みにならない…!と。

コワかったけど、いつまでも続く揺れ返しと、2回目のあのデカい揺れの中
必死に仕事して、更新作業をしました。都内の建物の方が、被害あるようだったのに
案の定、みんな仕事していて、日本人って本当にまじめな人種なんだな…と
改めて思ったのでありました。(ぶっちゃけると、私は、何度も仕事放棄しようと思ったけどね)
大勢の人が帰宅難民になったというのに、ほとんどの方が翌日も普通に出勤されている。
外国人じゃなくても、とても驚きました。

買占め・買いだめ騒ぎで、人間のモラルが問われる一方で、
不屈の勤勉さもあるのだ!と、そういう底力を信じてしっかりと働こうと思います。

世界中に様々な事件がある中、それでも世界中が日本を応援してくれている。
家があって、家族もいる私たちは、うんとうんと頑張らなくては…!
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。