スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自称セラピー犬

2007年01月23日 00:03

category:イタグレ:copain

 今日は予定外で実家に延泊したので、お写真はないです~。ごめんなさい><

自称セラピー犬、コパンの週末の主な活動は
「お父ちゃんを癒すこと!」だ、そうです。

そもそも、ワンコを飼おうと思ったのも、
昨年の夏ころから、父の心の病気が悪化したのもありました。
いろいろ準備があって、遅くなっちゃったけど、
それでもこうやってコパンに出会えたので、本当によかったです。

コパンに会うまでは「イタグレ」という犬種がどんな容姿なのかを説明している間に
「そんなの犬じゃない変!!」と一刀両断の父(と母)でしたが、
いざ、実際のコパンに会った日からはもう、コパンに夢中!!
父の心の病気はどこ吹く風?今じゃ、誰よりコパンの事を愛していると思います。悔しいけど^^;

自称セラピー犬・コパンは自分の任務を知ってか、知らずか、
やはり父にはスペシャルコースを浴びせていますw

まずは、帰宅してくる父の気配を察すると
玄関前のドアまでジャンピング&ダッシュ!!
そして、父がそのドアを開けるまで、落ち着きなく、しかし
きちんと座って待機します。

そして、父がそのドアを開けた瞬間
「おかえりおかえりおかえり~~~~!!」
「今日、仕事いそがしかったの?これからコパンと遊ぼう!」
と、尻尾グルグルハイテンション・チュウ
おまけに、寝るときにお父さんが寂しくないように、と
ベッドの上にチッコ&ウンポコまで(行き過ぎたサービス)
…もちろん、これはワタシからスペシャル・カミナリが落ちましたが、
そんな仕打ちにもかかわらず、父は
「ん~~愛しいやつだなぁ」と、相変わらず
コパンに夢中のようです。

あんなに不安定で、会社のグチしか言わなかった父が
コパンと触れ合うことで、見違えるようによくなりました♪
父自身も「コパンのおかげで病気が治ったと思う」まで言ってくれました。
自称セラピー犬は、案外ハッタリじゃないかもしれません。

余談になりますが、私が外出から戻ってきたときは
まったくしら~んふりで、ハウスで伸びきって寝ている姿勢で
視線をくれるくらいか、良くて寝たまま尻尾を2~3回振ってくれるか。
最悪は寝たままお迎えすらしてくれませんヨ。トホ~=3
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。