スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コパン、右に傾く。

2016年03月09日 14:30

category:copainと病院・治療日記

P1060791.jpg

みゅいーん☆

お久しぶりに、コパン登場ですねー。
長らくの放置、誠に申し訳ありません(誰となしに…)

コパンも9歳を迎え、立派にシニアを満喫しております。

➡ 脳波の検査をしました


ところで…。
てんかん様発作に、しばしば辛い思いをしてきたコパン。
先日、脳波の検査を受けることになりました。
これまでは、そういった検査無しだったので、主に、
飼い主による、獣医さんへの伝達⇒たぶん「てんかん」だったのが
今回の脳波検査にて、確定的なものとなり、お薬を飲み始めることになりました。

この、脳波検査の時に、脳波異常がみつかったため、
脳内に重篤な疾患などないか、急きょCTも撮影したのですが、
脳内には、大きな異常はみられなかったそうです。

ところが、ひょんなことで発覚したのが、耳のこと。
丁度、鼓膜のスグ後ろにある「鼓室」と呼ばれる部分が、何かでパンパンに詰まっていて
これを、取り除かなくてはいけなくなりました…。

先生に言われても、学校の授業なんてまともに聞いていなかった私は、
全てのワードが意味不明で、家に帰ってから調べたのですが、
鼓室のすぐソバには、平衡感覚をつかさどる「三半規管」があり、
そのため、鼓室に異常があると、うまく立てなかったり、歩けなかったりするそうなのですが…。

そういった事が、これまで全くなかったコパンさん。。
それどころか、お耳の異常で一番あげられる「異臭」も無く、
私も、待ったく気が付けなかったのです。。

😲原因はなんだったの?


一番の原因は、お耳のケアが間違っていた事。
奥に見える汚れを、めんぼうを突っ込み、取っていたのですが、
こういった行為が、外耳を傷つけ、果ては、鼓膜付近に炎症をもたらし、
鼓室に影響が出たものと思われるそうです(こっぴどく、先生にしかられた…苦笑)

😢 治療はとても辛いものです


かくして、お耳の治療が始まったわけなのですが…。
人の耳鼻科同様、痛い・辛い・苦しいの3重苦!
鼓室を洗うためには、鼓膜を人為的に切らなくてはならず、
傷を負った所に、ガンガンお水を流して洗いまくる。。。
絶叫です。普段、割とどんな処置も我慢するコパンが、
悲鳴をあげ、体を抑えている先生たちに噛みつこうとしました。こんなこと、初めてです。

かくして、蓄積された、誤った私の処置のせいで、コパンのお耳の中は、
化石化した汚れや膿でいっぱいでした。。

鼓室が詰まっていたのは、右側だけなのですが、
左側も、同様に、化石化した汚れが飛び出してきて、酷い有り様でした。。

しかし、あまりのひどい耳の状態なのと、コパンの精神的・体力的な問題で、
この日だけでは、鼓室の汚れまで到達できず、
1週間後、再び病院での処置を行う事となりました。

🐺 右にかたむきだしました


これまで、左右、閉塞した状態で過ごしてきたからか?
それとも、あまりにも長い年月、三半規管に影響を及ぼしていたからなのか?

今まで、なんともなく過ごしてきたコパンですが、
処置後2日目から、右に傾きだしました。

P1060792.jpg

冒頭のお写真も、かわいいしぐさで、小首をかしげているのではなく、
自然と、頭が右にかたがってしまうのです。

歩く時も、右に右に行ってしまうし、オチッコも片足上げると不安定で、
時々、自分の足にひっかかって驚いて、飛びあがります。
プルプルッと身をふるわせたり、段差のあるところを移動する時は、
よろめき、倒れそうになります。。

元気・食欲は、抜群なのですが、中々、目が離せません。

🍒 治療が終わるまで…


右に傾くことは、予め先生に言われていたことだったのですが、
予想以上に大変なことでした。
かつて、ガンかもしれない、脳に異常があるかもしれない、と言われてきたけど、
全て杞憂に終わり、なんなく乗り越えてきてくれたコパン。
今回、初めて、確定的な診断と、治療が始まったわけですが、
鼓室がきれいになり、もう一度、楽しく宝探ししたり、好きな所に飛び乗れるようになるまで
治療に専念しようと思います。

👵 老婆心ながら…


コパンのお耳の異常は、2つの原因があったと思います。
①飼い主によるケアの間違い。
②些細な異常に気が付いていても、何でも無いと思って伝えなかった。

①は、先にふれたとおり、めんぼうによる長年の処置が原因でした。
イタグレは特に、耳、丸出しだし、毛も無いので、飼い主によるケアで満足出来ることが多いと思います。
でも、3か月に1度位は、かかりつけのお医者さんに、お耳、ちゃんとできているか相談できると良いかと思います。

②は…ウチの場合、自分の意思とは無関係に、アゴを小刻みにふるわせたり、
眠い時に、首からツイーーっとラグに体をこすりつけたり、ネコが顔を洗うようなしぐさを見せていました。
ヒトの耳鼻科が「耳鼻・咽喉科」と呼ばれたりするように、アゴの悩みは、もしかしたら耳に起因していたかもしれないし、
ネコが顔を洗うようなしぐさは、耳の不快感からやっていたのかもしれません。

コパンは、パピんこの時に、ミミダニを経験しているので、あれが異常なにおいだ!っていうのは
すごくよくわかるのですが、今回の件では、全くの無臭…っていうか、普通の犬の香りでした(笑)
なので、普段やっている、愛犬のしぐさも、何かしらのサインかもしれないので、
時には相談してみると良いかもです。

とにかく、お耳の治療は、苦痛を伴うので、ひどくなる前に予防ができますよう、
自戒の念も込めつつ、皆様にも、お伝え申し上げます。

僭越ながら、みなみなさまが、元気で、楽しい、愛犬ライフを送れますように…!
スポンサーサイト

Blogおさぼり中の約3ヶ月間の記録

2013年12月03日 23:41

category:copainと病院・治療日記

今日は、全然おもしろくないよ(普段だって、そんな面白記事も書いてないけど)

P1040547.jpg
7/26(基準値の右にある数字は、前日の数値)
十二指腸痙攣と、胆嚢炎疑いで、一日入院した日のデータ。
(そしてその後、先生に苦笑いされながら、退院できた日のデータ・笑)
写ってないけど、何かしら炎症を起こしている事を示すCRPは、まだ2.0あった。

P1040548.jpg
8/1
抗生剤と、肝臓保護のお薬がが功を奏して、高いながらも落ち着きを見せてくる。

タンパク質の摂り過ぎと、脂質の摂り過ぎに気をつけるようとの事でしたので、
アレルギーを考慮して、時間をかけて選んでくださった処方食にチャレンジするも、見事に全敗。。
なんと、なんと厄介なアレルギー症状よ。(全部吐く、全部下痢する)

考えた末、肝臓の値が高いけど、何故か生馬肉を食べてて、症状が落ち着いた、
という、先輩イタグレオーナーの話にすがる思いで、この頃から、先生に相談のもと
生馬肉(脂肪分の高い内臓肉を除く)と、補助栄養でチャレンジはじめる。
(内臓も何もかも入っていた馬肉は、6月頃から食べていたのですけどね)

同じ病院内でも、別の先生には「生馬肉!? 無いワ~!」という意見を頂いた事もあるので
医療現場の目線からは、この状況において、あまり良いものではなさそうですが、
とりあえず、担当の先生だけは、理解を示してくださったので、たすかりました。
(食べられない処方食を無理に食べて体壊すよりは良い、というお考えのようです)

P1040549.jpg
8/16
肝臓が、すっかり落ち着きを取り戻す。
年齢的な問題で、胆汁の泥化が進み、流れがちょっとばかり悪いかもしれない、
という事を指摘されていたように、主な疾患の欄に「胆管閉塞」を示すGGT、Tbilが少々高いので
お薬は継続。(詰まっていはいない)

※胆汁の泥化は、5歳すぎたワンコなら普通の事らしいので、
5歳すぎてから、よく吐くようになった、よく腹痛を起こすようになった、などあったら、
脂肪分の多いオヤツなどは、避けたほうが良いみたいですよ。
意外と、アキレスなんか、脂肪分多い。

しかし、このあたりから、血清に乳化したもの(にゅうび)が、まじりはじめて、
採血しても、正しいデータがとりにくくなる日々が続く。。
コパンさん、時には、一日に2度も針をさされて、よく我慢してくれました。
先生も、検査してくださるスタッフの方も、ご尽力くださって、本当にありがとうございます。

胆汁は脂肪を乳化して消化を助けるので、胆汁の流れが悪いコパンは、
上手に消化しきれないのではないか、という見解でした。

P1040550.jpg
8/24
相変わらず、たくさんの乳ビに邪魔されながらも、安定したデータを出してくれるスタッフの皆様に感謝。
(本当に大変みたいで、検査結果出るまで、通常よりもうんと時間がかかります)
そんな中、突如、膵炎の値を示す、LIPが上がってくる。
膵炎っていうと、痛くて痛くてたまらないのと、上からも、下からも激しく出るイメージなんですが、
本犬、超元気なもんで、ビックリ!
そして、以前、犬の膵炎は、とてもコワい病気と聞いていたので、ゾっとする。

この日から、肝臓の保護を続けながら、すい臓のお薬も入る。
コパンには迷惑な話ですが、黄疸が出ないか、
やたらと飼い主からチェック入るようにもなる(苦笑)

すっかり忘れてたけど、CRPは正常値になっていたみたいです。笑

P1040551.jpg
9/7
コパンが無事7歳を迎えたあとも、病院・投薬は続いてしまいました。
しかし、すい臓のお薬のおかげか?リパーゼ(LIP)が正常値に♪

相変わらず、高いままの、Tビルビン、GGTが気になるけど、やっぱり本犬は元気そのもの。
血清に入り込む、乳ビのせいに違いないと思いつつ、このまま収束するであろうと、淡い期待。

P1040552.jpg
9/21
今までの中で、とても良い成績!
この時、あと3週間、お薬で様子見を続けて、次大丈夫でしたら、お薬切りましょう!
といわれ、もろてあげて大喜びする。

しかし、甘かった…。

P1040553.jpg
10/11
あと少しのところで、コパン、突然の下痢と嘔吐。

幸い、ただの(?)腹痛で済みましたが
今、すい臓のお薬を飲んでいる=膵炎の危険がそこにある
ということで、お薬は当然継続、さらに、お腹のお薬が増えて
数日間、1回5錠。コパン犬生で最大数のお薬を飲んでいました。

P1040554.jpg
11/12
何 が あ っ た ! ?
突然、LIPが300まで跳ね上がりました。薬を飲んでいるのにこの数値は…。
先生の顔も、曇ります。
特に珍しいものを食べたわけでも、なんでもなかったのですが…。

しかし、本犬は、全く元気そのもの。
本来、こんな数字出てたら、何かしらありそうなものですが、
幸いにして、どこも悪くありません。
悪いのは、数字だけなんです(笑)

P1040555.jpg
12/3
そして、今日も病院でした。
うっかり、血液検査の表を頂いて帰るのを忘れてしまったのですが、
前回検査で、ハネあがったリパーゼも正常値で、
相変わらず、胆汁の流れがニブそうな事をしめす、Tビルビンと、GGTが、
ほんのり基準値OVERだったような気がしていますが、
今朝、嘔吐した割に、スッキリとした数値が並んでいました。

すい臓の炎症は、しつこくぶり返す事を心配して、念のため、お薬は継続。
次の検査は、年明け早々です。はやく、お薬とオサラバしたいね。

そういえば、乳ビが原因の「乳ビ胸」という、原因不明の病に、
ルチンを処方する、という話を聞いて、お水のかわりに
そば茶を置いていたのですが、
今回の血液は、だいぶ乳ビが薄くなってきたそうです。
効果、アリ?ウマそうに飲んでるから、もうちょっと続けてみようかな。



にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
お手数でなければ、応援のほど宜しくお願いいたします。
割と協力的に、お薬を飲んでくれているコパンにも感謝!


[Blogおさぼり中の約3ヶ月間の記録]の続きを読む

【ご報告】コパン、苦笑いされながら退院する(笑)

2013年07月26日 23:11

category:copainと病院・治療日記

悲壮感ただよう記事を書いたあとでなんですが、、

今朝から点滴治療を受けていたコパン。

夕方から、物凄い元気になってしまったそうで、

病院でだされるご飯を、ひっくり返す勢いで暴れまくり、

結果、「明日は、もう来なくていいですよ」と、先生に苦笑いされながら

退院する運びとなりました(・∀・)


理想が、現実に…!笑

取り急ぎの、ご報告でした。
気にかけてくださった皆様、ありがとうございます。
ご心配をおかけしてすみませんでした。

まだ、内服があるうちは、お散歩したりできないのですが、
とにかく元気いっぱいです。

コパン、日帰り入院治療を体験する。

2013年07月26日 13:18

category:copainと病院・治療日記

今、この家に、コパンは居ません。
P7268902.jpg
コパンは、今、病院に入院中。点滴治療を1日がかりで受けています。

昨日、夜、いつものように(?)ケロケロ吐いたコパン。
その日のヒトの晩ご飯は、焼肉だったので、いつものように、おすそ分けで
あかちゃんの手のひらほどの、お肉を食べたので、
それが原因かなぁ~?なんて、思っていました。

夜中吐くと、朝食の催促が、いつもよりハード(吠える)ですが、
それもいつものこと。
出した朝ごはんも、ペロリとたいらげ、いつもどおり、二度寝を昼まですると思っていました。
P7268901.jpg
ところが。
数時間後、朝ごはんもケロケロ戻しちゃったじゃないですか。
胃腸が荒れてるから仕方ないかな~?と、ココもわりといつもどおりだったので
更に様子見していたら、今度は、胃液よりも真っ黄色な泡を吐き、その後も
元気なく、ぐてーっとしていたので、病院に行く事にしました。


病院に行ったのは、夕方3時頃。
いつものように、吐き気どめと、胃腸をコーティングするお薬を
注射してもらって、内服を処方していただき、安心しておりました。
P7268900.jpg
でもね。
注射して、晩ご飯(ウチは4時~5時と、超早い)のあとのお薬も飲んだのに、
どこか痛いのか、ウロウロウロウロウロウロ。
いつもなら、ヒトの晩ご飯まで、ぐうたら寝てるくせに、3時間。
一睡もせず、徘徊しまくっていました。

吐いたり、下痢したり、という症状が無いので、迷ったのですが
とりあえず、なんでもないですよー、って言ってもらって、
夜間安心して乗り切りたい思いがあったので、再び、病院へ。

そこで精密検査していただくことになりました。

血液検査、エコーの所見から、どうやら、胆管と肝臓が酷く炎症を起こしている事と、
十二指腸が、激しく痙攣し、痛い様子だ、というお話をされました。

その場で「入院が望ましい」と言われたのですが、わたくし、頭がマッシロになってしまって。
だって、それまで「なんでもないですよー」と、苦笑いする先生を脳内に描いていたんですもの。

ようやく、我に返って、色々とお伺いしたところ、
・今、命が危ないという状態ではない
・緊急オペが必要になる可能性が低い
・容態が急変する可能性も、低い
・夜間、先生たちはいなくなる

という事でしたので、コパンは、入院ではなく、
毎日朝一に病院に行って、夜まで点滴治療を受ける事にいたしました。

幸い、昨日よりも、入院直前の血液検査結果の方が、良好で、
悪化した項目は一つもないので、今日の点滴治療が、
更に、回復を加速してくれることを期待しています。


しかし。。何をしても、どこにいても、コパンが居るような気がしてならない。
落ち着かない仕事部屋であります。


にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
お手数でなければ、応援のほど宜しくお願いいたします。
更新も細々としたBlogになってしまいましたが、今は
コパンが元気になったよー、という記事を、早く書きたいです。




コパン、ハゲ広がる

2013年03月24日 10:08

category:copainと病院・治療日記

1月のときには、虫食い穴程度のハゲだったのが
P1040125.jpg
あっという間に、領地拡大いたしました。
領地拡大しつつ、カッサカサで、薄皮がボロボロむけてきます。
(しかし、おいしそうな背中してるなぁ…)

その後、2回、真菌や炎症を起こす菌がいないか、検査していただきましたが、
いずれも、反応ナシ。
こうなってくると、お薬でどうにかできるものではないので、
自己免疫疾患を疑いつつ、経過観察。
食事の見直しと、ひたすら、保湿するしか無いようです。

お試しで、サプリメントが処方されました。
P1040123.jpg
飼い主が飲んでいるヤツと、同じに見える。サプリ記念撮影。

サプリで見違える程良くなったりはしませんでしたが、
毛が生えている部分の毛艶が、良くなったような気がします(笑)

後は保湿。
処方されている消毒液で、ガサガサの肌を整えてから
P1040126.jpg
とりあえず、家にあるクリームで保湿。惜しげもなく、タップリと。


ハゲ面を下にして寝ることが多いから、ひっくりかえす、ひと手間。
P1040127.jpg
小迷惑そうな、顔。

P1040124.jpg
気休め程度に思っていましたが、レスキュークリームで、予想外に、保湿できました。


つるつるハゲだと、さほど気にならないみたいなのですが、
ガサガサだと、伝染る病気だと思われるらしく、
散歩中、あからさまに敬遠されたことも。
本犬は、何も気にしていないから、いいんだけどね(笑)

とりあえず「つるつるハゲ」を維持して、
願わくば、若葉の芽吹きを期待したいです。



にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
お手数でなければ、応援のほど宜しくお願いいたします。
突然ハゲだしたけど、
小さい時に真菌でハゲた箇所、まんまなんだよなぁ。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。