スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふえた

2013年12月08日 18:16

category:てんかん・発作記録

PC089165.jpg
白い毛がふえた。

PC089166.jpg
足にも増えた。

PC089167.jpg
脂肪腫も、ふえた。

PC089164.jpg
愛情も、絶賛、増量中。


〓てんかん記録〓
お昼、12時頃、父の部屋で始まる。
ケイレン、四肢の緊張がおさまるまで、およそ30分。
座薬挿入。

チアノーゼ、体温上昇はナシ。
嘔吐は、かなり苦しそうだった。(大量)

座薬挿入から15分位で、体の緊張は溶けたが、
興奮状態が続いたため、今日は家で安静。

レスキューレメディが、底をついた。3年位持ったのかな?
震災時に、私もお世話になったボトルでした。
助けてくれて、アリガトウございました。

てんかん発作は、増えてないよ。
幸いにして、年齢とともに、落ち着きつつあるよ。




にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
お手数でなければ、応援のほど宜しくお願いいたします。
蛇足だけど、レスキューレメディの原液は、
舐めると、焼けるような甘さだよw



スポンサーサイト

発作の時にしている事(発作メモとともに)

2013年03月05日 01:20

category:てんかん・発作記録

画像-016
コパンが発作の時、飼い主がしている事。
(今日の写真は、まだ飼い主を、飼い主とも思っていないヤング時代のコパンシリーズ)

20時過ぎ。ONE PIECEの最新刊を読む、飼い主のマタグラで寝ていたコパンが
突然落ち着き無く、視線が定まらず、ペロペロとよだれをこぼさないように舐め始めた。
「ああ、きっと発作だな」と思い、ソファから降ろす。
☆とりあえずレスキューレメディを4滴、舐めさせておく。

案の定、虚脱発作が起きる。
☆ここから、時計を見ながら、どのくらいで収束するか計測。

嘔吐4回。失禁ナシ。
☆嘔吐物を確認。(失禁してしまったときには、その都度確認)
お昼前にあげた、オヤツから、晩御飯まで、全て未消化。異物ナシ。

コパンは、ヘタに声をかけたり手を貸すと、
そのまま「THE!てんかん」な、痙攣発作に発展するので
軽めの発作の時には、怪我をしないようにピンポイントで補佐を入れる程度にとどめます。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★次のステージに発展しそうなときには、冷蔵庫にある座薬を用意。
 水で湿らせておく。(入りやすい&早く溶ける)

★緊張型の発作になってしまったときには、激しく痙攣して危ないので
 飼い主が完全に補ていする。(座薬投入)
 舌をかんでしまっていないか、クチをチェックする。
 噛む可能性のある時は、箸やハブラシの柄などをスキマから入れて、とりあえず保護。(超大変)
 後で、タオルを棒状に伸ばしたものとか、噛み砕くキケンのない、別のものに変える。

★激しい痙攣が少し治まった所で、体温上昇が著しい場合、
 冷やしたタオルを用意し、そけい部などを冷やす。
 家に2人以上いれば、体温上昇感じた時に、連携プレーで持ってきてもらう
 (一人の時は、超大変です)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

幸いにも今回は、ふらつきはヒドかったけど、割と軽めの虚脱発作で済んだ。


【15分経過】
症状は収束に向かうも、低体温気味。
太ももの付け根で脈を確認。徐脈気味だけど、血圧は安定。
歯茎の色を確認。若干の貧血。でもすぐに回復。※「イラストで見る犬の応急手当」参考

たまたま、飼い主の羽毛布団の上で収束したので、
そのまま、羽毛布団で、コパンの体を温める。
☆貧血・体温・脈拍をチェック。
 貧血・チアノーゼを起こしているときの歯茎・舌の色は説明不要なほど一目瞭然です。
 チアノーゼや駆動が感じられないほど脈が弱かったら、病院へ行っています。

コパンの体温だけじゃ中々温まらないので、飼い主の両手も布団に突っ込む。
冷え性じゃない、太めの私が役に立つ瞬間。

【20~30分】
体温回復。
一見、発作全てが収束したように見えても、興奮状態が続いている事が多い。
そうすると、頻発させてしまうので、しっかりと経過観察。
明日のお散歩は、なるべく控える。
☆表情や耳や目の動きを見て、興奮状態がしっかり落ち着いているか確認。
 収束後から15分以上、興奮が収まらないようであれば、処方されている飲み薬を投与。
 耐性がついちゃうって事なので、まだ、一度も使ったことないけどねー。

IMGP0213_20130304231509.jpg
これは、期待の目(笑)


「発作時は、ビビったり、あせったりしない事が一番大事」と、色んな方に言われましたが
本当にそのとおりで、良く言う「飼い主の不安は、犬に伝わる」ってのが、顕著にでます。

ぶっちゃけ、今日だって、心の奥底では、超ビビってたし、あせってたけど、
過去、そのせいで、事態を悪化させた事も多かったので、
今では、言葉は発せずとも「飼い主がいる!なんとかする!安心しろ!」と
コパンに強力な念を飛ばして、ついでに、自分自身をも、騙します(笑)

あれこれチェックしているのも、冷静さを保つための事。
特に 【時間】を確認する事は、長く感じるツライ時間も
時計を見ることで、実際の流れを把握できます。
今ではスッカリ、発作開始時に見るクセがつきました。

DH000006.jpg

振り返ってみると、結構、色んな事してたね。ドンくさい割りに(* ̄m ̄)

昔は「発作時に見てることしか出来ない」と、嘆いていたのですが、
「見ている」の、方法を変えると、
飼い主も、それなりに、一緒に闘っている気になります。

発作後に病院行くことになっても
これだけ見てれば、先生に何聞かれてもコワくありませんw

DSCF0084_20130304231509.jpg
ま、ホントは、発作なんておきないのが、一番だけどねー!



にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
お手数でなければ、応援のほど宜しくお願いいたします。
コパンの発作デビューは、桜の季節。
そのせいか、春先は頻発するので要注意なのであった。


久しぶりの発作

2012年01月08日 18:32

category:てんかん・発作記録

CIMG0382.jpg
“季節モノ” と、近頃は割り切り始めておりますが、
久しぶりに、違うタイプの発作(筋肉が硬直する方)が出たので、記録しておきます。

7:45
朝から張り切りBOYで、朝ごはんを所望。だいたいこのときから怪しい。いつもねぼすけのクセに。
15分かけて、ゆっくりと朝食を与える。なぜなら、朝食は、勢い良く食べると吐くからだ。

8:00
努力むなしく、あえなく、発作。
最初は、いつもの循環機能が低下する、虚脱発作。低体温・徐脈。
一先ず、吐かせるものは、全部吐かせてから、ゆっくりと安静に持ち込み、
ブランケットと毛布で、体を温める。

このとき吐いたのは、未消化の朝食で、全部で3回。3回目は、吐出。
一瞬、呼吸困難になって、あせったけど、幸い、無事に全部出せた。

8:00-8:20
温めていたところ、小刻みに震えだした。
今度は、けいれん発作。こっちは、急激に体温があがるから、温めるのをやめ、濡れタオルを用意した。
スグに 「これは、来るな」 というヨカンがあったので、早めに座薬投与。
チアノーゼを起こすまでならなかったので、ほっとした。

8:20-8:45
症状収束するも、跛行する。貧血も軽度に収まってきていたので、落ち着くまで待機。
そういえば、めずらしく、発作中にトイレに行きたがらなかった。

9:00 病院。


経過観察中の処置も兼ねて、血液検査。肝臓の値が未だ平均よりちょい上。
でも、気にするほどではない。
ただ、発作後なので、念のため肝臓を保護するお薬で様子見。
※けいれん発作による内臓ダメージを心配して。肝臓は一番デカいから、顕著だそう。

吐くと、迷走神経が刺激されて、いつものような発作が起きることと、
最近は、景気良く吐くと、ヘルニアの症状を併発するので、吐くことはコパンにとって2重苦。
そこへきて、このところの2週間おきに繰り返す、下痢・軟便。

とにかく、薬ばっかり飲んでいるので、胃腸問題は食事改善を試してみることになった。
って、カテゴリーが別になるので、食事問題は、別カテゴリーに記録してみよう。
処方食のお話は、大変面白かったのと、目からうろこだった。

明日はペット博に、お誘いいただいていたのですが、あえなく辞退。。
しかし、いっつも遊びの約束を取り付けると、必ず、調子を落とすコパン。。
困ったものです。

ちょっと備忘録

2011年12月10日 14:38

category:てんかん・発作記録

111210_1233~01

12/10 12:30頃

いつもの公園に行きたがらなかった今日の散歩。
リクエストに応えて、反対側へ。
昨日よりも、うんと暖かかったのに、下肢がブルブル…。
落ち着きなく、常に地面を嗅ぐような歩き方。
何度合図を送っても、前へ引っ張りつづける。興奮状態。

跛行という程ではないけど、右脚がやや内またで、跳ねるような歩き方が見られる。
途中しゃがみこみ、家に帰りたい素振を見せる。(この時点で散歩中断決定)

家にもどったら、元気食欲旺盛。
気になる後ろ右脚も、特に問題無さそう。
一時的な、発作だったのかもしれないという備忘録。

朝:ドクターズケア・アミノプロテクト
散歩後:宝探し(豚肉のおやつ数切れ)
うんち・おしっこ:量・色、問題なし。
下肢反射チェック:問題なし。

シーズン的なものとイレギュラーなもの

2011年11月14日 01:36

category:てんかん・発作記録

PB136571.jpg
イベント(うちの子記念日とか誕生日)の後には、だいたい調子を落とす。
…というか、イベントそのものよりも、季節的なものなのかもしれませんが。

発作的メモ
11/12(土)夜10:30頃。ソファで寝ていたら、突然起きた。
既に焦点が定まっておらず、確実に発作になると思った。

幸い、2~5分程度の、虚脱系発作。
緊張型の大きな発作は、確か5月以降起きていないハズだけど
この虚脱系は、けっこうちょくちょくあるんだよな。

貧血症状も軽く、一番心配だった、低体温・低血圧もなく
事なきを得ましたが、今日も相変わらず、極度の甘えん坊と落ち着きの無さ。

寒くなってくる季節・暑くなってくる季節に発作が頻発する気がする。。

PB136569.jpg
今朝は今朝で、朝ごはんを丸呑みし、ノドにひっかかったらしく
ピーピー泣きながら、痛さで体が硬直。
いつものゴハンだったから、「ごはんがノドにつまった」とは思いもつかず…。
いくらドSのコパンさんでも、飼い主にそんなドッキリは仕掛けなくていいですよ。
夜ご飯もノドに引っかかっている風だったから、暫くはふやかしゴハンにしてみるかな。
食道が傷ついて…みたいな悲劇的な感じもなさそうだし。。

しかしながら、あまりにもドッキリさせられる事ばかりが続いたので
家庭の医学的なものを、手元に置こうと改めて思ったのでありました。
何を買うかは、まだ迷っている中…。
2009年の情報って、新しいのか、古いのか判断に迷うけど、
以前は、コレ↓が気になってたんだよねー。
イラストでみる犬の応急手当 (KS農学専門書)イラストでみる犬の応急手当 (KS農学専門書)
(2009/11/17)
今井 康仁、左向 敏紀 他

商品詳細を見る


データばかり気にすることなく、知識に慢心することなく
テンパらない心構えとして、少しずつ学んでいきたいな。


にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
お手数でなければ、応援のほど宜しくお願いいたします。
色々ありましたが、コパンの元気メーターは回復傾向ですヨ♪








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。